カテゴリー
スキンケア

腸のコンディションを整えることが肌には有効

失恋や仕事の悩みなどイライラすることは多いですが、その際に暴飲暴食で気を紛らわすのは逆効果、暴飲暴食をすれば翌日は胃腸を痛め肌はボロボロになってしまいます。

ストレスを抱えた者が自分では対処出来なくなった時にかかるのが心療内科もしくは精神科、ストレスを抱えた者に良く処方されるのがセルトニンを増やすクスリです。セルトニンは幸せホルモンとも呼ばれ、セルトニンが十分にある時には物事を上手く処理出来るのですが、不足をすると処理が追いつかずストレスとなります。

物事を処理するのは脳、そのためセルトニンは脳に多くあると思われがちですが、実際は殆どが腸に存在、脳にあるセルトニンは極僅かしかありません。暴飲暴食をすればセルトニンに悪影響、ストレス発散のつもりが、かえってストレスを増加させてしまいます。

しかし、ストレスを抱えた時に暴飲暴食をする人が多いのは事実、なぜ、人はストレスを抱えた時に暴飲暴食をするのか?それは、欲求を脳で判断しているから。

脳で判断すると、勉強などで疲れると甘いものを欲し、辛いことがあると暴飲暴食、甘いものを取りすぎたことで肌には吹き出物、暴飲暴食をしたことで下痢に悩まされます。

幸せホルモンとも呼ばれるセルトニンは腸に多くあるのですから、幸せになりたいのであれば腸で物事を判断する、分かり易く言えば腸のコンディションで摂取するものを考える。

便秘がちであれば消化の良いもの、下痢気味であれば水分摂取を控える、腸のコンディションが整えばセルトニンが増え幸せに、幸せでいれば苦痛を感じることも軽減され肌のコンディションにも好影響を及ぼします。

カテゴリー
スキンケア

血液をサラサラにすることで肌が潤う

肌に潤いが無くなると、シミやシワなど肌の劣化を招きます。潤いのある肌は水分が十分な状態、その水分は血液によって運ばれるため、血液がドロドロでは血管が詰まり肌の潤いに悪影響を及ぼします。ドロドロな血液をサラサラにするには、水分を摂取する必要があるのですが、水分でもアルコールの場合は利尿作用があるため逆効果です。

お酒に酔うと顔は赤くなり肌に潤いがあるように思えますが、これは発熱によるもので一時的、二日酔いの朝は肌がボロボロになってしまいます。

血管が詰まるのも血液がドロドロだから、歳を取ると感度が鈍り喉の乾きも感じ難くなるため、歳を取ったら喉が乾いたら水分摂取をしたのでは遅く、定期的に水分摂取をするのが望ましいです。定期的に水分摂取が望ましくても、睡眠中は不可能、そのため睡眠前にはコップ一杯の水を飲む、目覚めたら同じくコップ一杯の水を飲む習慣を、「若いうちから身に付ける」ことが大事です。

身に付いた習慣を変えることは困難、歳を取ると睡眠時の頻尿で悩まされる者もいますが、若いうちからコップ一杯の水を飲む習慣があると、排尿リズムが整い歳を取っても頻尿になることを防げます。

水は飲んだら出すのが大事、水を飲んだのに体から尿や汗が出ないと、水の流れが悪い川のように血管内は汚くなり、それが原因で肌のくすみになります。

カテゴリー
スキンケア

敏感肌の手作りスキンケア生活

30代間近になり体質が変わったのか、今まで使っていた基礎化粧品が肌に合わなくなってしまった私。プチプラコスメからデパコスまで渡り歩いてきた私がたどり着いたベストなスキンケアは、手作り化粧品でした。私が手作りしているのは化粧水です。

手作りコスメと言っても何も難しく考える必要はなく、なんとドラッグストアでお安く手に入る材料だけで簡単にできてしまいます。用意する材料は、精製水470ml、グリセリン30ml、これだけ!精製水はドラッグストアで100円程度で手に入りますあい、グリセリンも500mlサイズが500円程度で、一度買っておけば何回分も使えます。

原材料はその二つ、あとは保存容器として、よく消毒したガラス製の遮光ボトルを使ってください。

作り方もとても簡単で、精製水とグリセリンを計量カップで計り、よく混ぜ合わせるだけです。保存料が欲しい人は、肌に低刺激なGSC(グレープフルーツの種から作った天然保存料)を2,3滴加えてください。GSCは自然派コスメの通販ショップで手に入ります。私は保存料は使っていませんが、保存容器のボトルを冷蔵庫

で保管していれば品質が落ちることなく使えます。この簡単お得な手作り化粧水に変えてから、悩んでいた肌荒れが収まり、混合肌も改善しました。顔だけでなく全身にボディーローションとして使えますし、これはもっと沢山の肌の悩みを抱える女性にお勧めしたいスキンケア方法です!

カテゴリー
スキンケア

急に敏感肌になった私

10年前から通信販売の化粧品を使っていました。

その化粧品を使い始めてから乾燥と言う言葉と無縁になり、いつも肌はツヤツヤしてとても気に入っていました。ところが去年の5月に急に目の周りが痒くなり始めました。いろいろネットで調べたところ「保湿不足」と書いてあったので栄養クリームをべったり塗ってみましたが益々痒くなり、次第に?やおでこも痒くなりファンデーションも塗れないくらい皮膚がボロボロになりました。オロナインやワセリンなど試してみましたが治りません。

ある時化粧品かぶれという記事を読んで初めて今まで気に入って使っていた化粧品が原因だと気がつきました。

化粧品会社に電話で相談したところはっきり化粧品のせいだとは言いませんでしたが「もう10年お使いなので」と言われ同じ化粧品ばかり続けて使うとこんな事もあるのかなと思いました。娘が以前お姑さんが同じような症状になったけれど、敏感肌用の化粧品に変えて治ったらしいと教えてくれたのでさっそくお姑さんと同じメーカーの化粧品のお試し用を購入して塗ってみました。

驚いた事に塗ったその日に痒みがおさまり、次の日にはファンデーションを塗れる程に肌の調子が良くなりました。それから1年以上、その敏感肌用化粧品を使っています。前の化粧品を使っていた時の様な肌のツヤは無いような気はしますが、保湿は充分にされていてとても満足しています。何ヶ月分も残っていた昔の化粧品を久しぶりに使ってみるとやはり肌がボロボロになるので諦めて娘に全部あげました。