カテゴリー
白髪

白髪スタートは私の青春

30代に入った頃から、白髪が気になるようになってきた。
頻繁にあるわけではないのだが、忘れていた頃にひょっこりと顔を出す。白髪部分だけ切りましょうとよく聞くが、面倒くさくて抜いてしまう。これが繰り返す原因になっているのかはわからない。

http://itdmonde.org/

家系的には白髪家系ではない。七十間近の母の髪は黒々艶々、ボリュームたっぷり。一方の父はハッキリと言うと、ほぼない。黒も白も、持ち合わせていないらしい。
なぜ私だけと思うが、白髪はストレスが原因と聞いたりすると思い当たる節がある。

30代に入る頃、私は販売職で店長業務についていた。それなりに大きな会社で全国に約50店ある婦人服の会社はベテランも多く、30代前半での店長就任は異例であった。特別な能力があったわけではない。辞める人、休む人、諸々の偶然が重なって私しかいなかったのだ。異例の出世をしてしまい、私は注目を集める形となった。

店長になってからは、年に2回本社出張があった。私は地方店なので、飛行機で向かって先輩方にもまれながら2泊3日、毎晩開かれる飲み会も異例の新人は断れるわけもなく、ホテルに戻る頃にはヘロヘロだった。
そんな出張の中、ホテルの鏡でふと見ると、頭がキラリと光った。1本の白髪だった。あまりにショックで、驚いてすぐに抜いてしまった。無かったことにしたのだ。そう、何も見なかった。
同じような1日を過ごし2泊目の夜、ホテルでシャワーを浴びていると同じ光を感じた。まさか…やはり白髪だった。同じような場所に1本、顔を出していた。
またしてもすぐに抜いて、今度はゆっくりと頭を確認した。鏡に頭をすりつけるくらいよく観察したが、他には見当たらなかった。たまたま2本生えてしまったのだろうか…。

その後も恐ろしいことに出張先のホテルで白髪を発見すると言う出来事が3年程続き、4年目7回目の出張で白髪の発見記録は途絶えた。考えてみれば、その頃には私も店長職に慣れ、業務の楽しさを覚え、先輩方にも意見を言えるようになっていた。ストレスを乗り越えたのか…身体は正直だ。

現在は仕事も辞め、専業主婦だ。ストレスなど全くないが、稀に白髪が顔を出す。その度に半泣きで白髪を探したホテルの夜が思い出される。私の青春だ。
今の私は心も乱れず、ブチっと引っこ抜く。こんなもの、たいしたことはないのだ。図太くなったものだと、我ながら感心している。年齢も正直だ。

カテゴリー
白髪

30代になると白髪が増えてきます

家でのストレスなのかもしれませんが、最近仕事に行く前に手鏡を覗くと頭の頭頂部に白髪が数本生えているのを見つけるようになりました。夫が部屋を汚くするために毎回夜になるとイライラして怒鳴っているのが原因なのかもしれません。それにしても、何故夫は部屋を汚くするのかよくわかりません。

http://www.thebath-room.com/

鼻をかんでもティッシュはそのまま。お菓子の食べた後の小さな袋は台所の冷蔵庫の上に置いてあったりとなんでこんなところに置くのか不思議でなりません。多分それを見てカーッとなることにより白髪がふえているんじゃないのかと。最近思うようになったわけです。

原因はもしかしたらストレスだけじゃないのかもしれません。実はうちの父親が白髪なのです。60歳ぐらいなのですが頭は髪の毛はしっかりあるんですけど、髪の毛全部が白くなっています。それなので、遺伝なのかもしれないと最近思うようになりました。それにしても、お姉ちゃんも、弟にしても白髪が出てきたとか聞かないですし。この二人に共通するのは小うるさいところです。本当に自分勝手な性格で二人とも旦那と嫁に逃げられています。もしかしたら、自分の好きなように生きることが白髪にとってはいいのかもしれません。

明日は白髪染めに行ってきます。これで当分もちそうです。

カテゴリー
白髪

白ごま油うがいの効果

誰かと話しをしている時や書類の受け渡しをした際

相手の白髪ポツポツと見えて自分の白髪は大丈夫かしらと心配になることはありませんか?ボタニカルエアカラーフォームの最安値通販は?私の口コミ&評価をこっそりご報告!

全頭がきれいなロマンスグレーになれば白髪もそれはそれで美しいと感じますが

私のような40代で白髪がそう多くもないうちは人からは気にならない程度であってチラチラ確認される白髪はほんとうに憂鬱なものです

直接染めることが手っ取り早いので美容院に行ったり、それでは出費がかさむと

マスカラタイプのもので目に付く部分の白髪を隠したりしてみました

ですが、それでは白髪を隠しているだけで根本の解決になりませんよね

いろいろ調べてみたところ白ごま油でうがいをすると白髪が減るとの情報を得たので

早速太白白ごま油1リットルを購入し試してみました

方法は朝起きてすぐに20mlほど口に含みできるだけクチュクチュと口の中のクレンジングをするつもりでうがいをします

ガラガラと喉までクレンジングしたいところですがやはり油ですので時にウェッとなってしまうのでそれは私は無理でした

アーユルヴェーダというインドの伝統的な医学だそうです

心持ち白髪が気にならなくなったような口内炎や口臭などほかの効果も得られるようですのでもう少し続けてみたいと思います

カテゴリー
白髪

白髪染めには抵抗が・・・そんな私の白髪隠し術

まだ30代、40代となると、白髪染めに抵抗がある方も多いと思います。私もその一人です。

ここからは、白髪染めに抵抗がある!白髪染めって色が暗い!そのように考えていらっしゃる方にオススメの、白髪隠し方法をご紹介します。

ボタニカルエアカラーフォームの口コミレポート!染まるか染まらないか徹底検証!

①パッと明るく見えるハイライトで白髪隠し!

そうです!ブリーチしてしまうのです。

全体をブリーチして金髪にしてしまうのではなく、メッシュ状にして、白髪自体を目立たせなくする方法です。

実際、私もハイライトで白髪隠しをしています。とにかく目立たないように・・・と言うのであれば、この方法が一番手軽な方法で、費用も少なくすみます。

②イルミナカラーで自然に白髪を馴染ませ隠す

イルミナカラーというのは、外国人風の透明感を持たせたカラーリングになります。

アッシュ系の色を組み合わせると、白髪も目立たなくなります。

難点があるとすれば、費用が少しお高めであること。そして、明るい発色では無い事。

最初から、明るくするつもりがないのであれば、こちらがオススメです。

イルミナカラー自体が、今の流行色であることと、透明感を持たせることで、髪型を問わず。モテ髪になる・・・そして自然に白髪も目立たなくなる点がオススメです。

カテゴリー
白髪

カラーで傷んだ髪に潤いを

皆さん、髪の毛のケアはしていますか?
特に、カラー剤で染めている髪の毛は染めていない髪の毛よりも痛みやすくパサつきやすいですよね。
かといって、普段から念入りにケアするとなると維持費が…なんて思う方もいるのではないでしょうか?
そんな方にオススメの、ヘアトリートメントをご紹介致します。

http://www.xtutti.org/

私が普段から使っているヘアトリートメントは、
「いち髪 和草エッセンスA 洗い流さないヘアトリートメント」です。店舗によってお値段変わってくるとは思いますが、1本650円?700円程となります。
ヘアオイルタイプの物であれば1000円?2000円ほどするものも多いですが、こちらの商品はヘアオイルではなくトリートメント剤であるため、ヘアオイルと比べると手を出しやすいお値段となっています。しかし、値段が安いと質も落ちるのでは?と思う方もいらっしゃると思います。この記事では、実際に私自身がこの商品を使ってみた感想を踏まえて、オススメのポイントをご紹介致します。

?オススメポイントその1、手頃なお値段?
販売されている店舗によってお値段は少々変わってきますが、だいたい650円?700円程の様です。
1日でどのくらいの量を使うのかにもよりますが、1ヶ月で1本と考えると、普段からコスメ用品やスキンケア用品で出費のかかる女性の方にも経済的だと思います!

?オススメポイントその2、パッケージのデザイン?
ヘアトリートメント剤は女性が手に取りやすい商品であるため、こちらの商品も女性が好む物になっています。
桜色のボトルにシンプルに文字が書かれており、真ん中には金色の桜のイラストが描かれています。商品の質はもちろん大事ですが、普段使いする物としてはやはり見た目にもこだわりたいですよね。女性にはピッタリのパッケージデザインになっていると思います!

?オススメポイントその3、優しい香りでサラサラ髪?
ヘアトリートメント剤にとって1番大事なのは、やはり「質」ですよね。どのくらい髪の毛がサラサラになるのか、纏まりやすくなるのか。こちらの商品を使ってみた感想としては、乾かした後にベタつかない、さらさらとした髪の毛に纏まる、ほんのり香りが残る、という感じでした。私は今までいち髪シリーズのヘアオイルを使用していたのですが、乾かしたあとに少しベタつきが見られていました。それが気になっていたこともありヘアトリートメント剤に変更したのですが、こちらの商品はベタつきは見られませんでした。ヘアブラシの通りもよくさらさらとした髪に纏まり、ほんのり優しい香りも残るので個人的にはすごく良かったです。
ベタつきが手のひらに残ることも少なく、満足のいく商品だと思っています。

お値段を気にされる方、パッケージデザインにもある程度はこだわりたい方、ベタつきが気になる方、以上に当てはまる方にはオススメの商品だと思います!是非、お手に取って見てください。