カテゴリー
口臭

口臭と唾液の関係について

口臭には、口の中の不潔や、食べ物、病気などいろいろな原因がありますが、その一つとして、唾液の不足があります。http://jflitsjetta.com/

唾液には、口の中にある食べ物のかすを洗い流し、口の中を清潔に保つ作用があります。

なので、唾液が不足することで、口の中が不潔になり、口臭が発生しやすくなってしまいます。また、唾液には歯周病菌の活動を抑えたり、歯茎などの粘膜を保護したりする働きもあります。そのため、唾液の不足は、口臭を発生させる歯周病の原因にもなります。

だから、口臭予防のためには唾液を増やすことが効果的です。その方法の一つに、「食べ物をよく噛んで食べる」という方法があります。唾液は食べ物の飲み込みや消化を促すために、食べ物を噛むときの口の中への刺激によって分泌します。そのため、噛む回数を増やすことで、唾液も多く分泌させることができます。

そのほか、唾液のもとになる水分を多く摂取したり、口の中を乾燥させないために鼻呼吸を心掛けたりするという方法もあります。また、酸っぱいものや昆布、納豆など、唾液を分泌させやすい食べ物を摂る方法もあります。これらはどれも、日常生活の中でできる対策です。なので、慣れてしまえば、無意識のうちに、そしてお金をかけずに口臭への対策をとれるのではないでしょうか。