カテゴリー
ダイエット

ダイエットは「粘れるか」が大事

コロナ禍で外出しないで太ってしまい、これではイカンと一念発起。辛口評価!パエンナキュットを購入して使用した効果と口コミ体験談!

だがしかし何か月も続けても、前に履いてたジーパンが履けなくてモチベーションが下がってました。

そこで今一度、正しいダイエットの法則を調べた所、痩せる部分には順番があるとの事でした。

私を含め、全日本女子が一番痩せて欲しい思う箇所「太もも・お尻」はなんと一番最後に肉が落ちる、つまり一番効果が出るのが遅い箇所だったのです。

それを知って、なるほど自分は間違っていなかったのだなと思いました。

私の取り入れている方法は、まず朝起きたら軽くストレッチ。その後15分YouTube動画を見ながら脚痩せエクサササイズ

そしてその後日中は仕事をし、夜風呂上りにまた脚痩せエクササイズ10分をして、寝る前に腸もみをして寝ます。

全てYoutubeを見ながらやってます。

やっぱりTVや雑誌などで得たエクササイズ法を、実際に一人でやると言っても「じゃあこれを5セット」と言われたらやる気が落ちるものです。

YouTubeなら言われたまま最初から最後までやれば良いだけなので、一人で精神との闘いをしなくて済みます。

要はダイエットとは「いかにモチベーションを保てるか」が一番の鍵だと思います。

エクササイズも自分で続けやすい、またはやる気が出る方法にする。(私のようにYouTubeや音楽を聴きながらウォーキングなど)

低迷期には、きちんとしたダイエットの法則などを学んで自分を信じること。

そして極端に「1か月で6キロ」みたいな過剰な文句に流されない事。

極端なダイエットは老後の骨粗鬆症の原因にもなりますので、しっかりと筋トレエクササイズをして地道にインナーマッスルを鍛える事が一番だと思います。

たった1か月痩せなくて辞めるより、今すぐ痩せなくても1年後3年後の自分がスリムな体系をキープ出来てるのを信じて頑張りましょう!