カテゴリー
スキンケア

年齢とともに増える肌の色ムラ

若いころの顔は頬・目の周りなどの皮膚が薄いところなども、肌トーンが均一で血色の良い健康的なツヤがありました。ただ30代後半を境に年齢を重ねると共に、肌のトーンもくすみにより下がり、部分的に色ムラを起こすようになり悩んでいます。

シルクリスタは効果あり?私の口コミ体験談を辛口評価でお届け!

鼻の付け根が黒くくすんで、目がくぼんでいるように見え、見た目年齢が上がっています。鼻は他にも、小鼻のくぼみや鼻回りの頬の毛穴が広がっており、その部分が炎症を起こして、赤く発疹のような色ムラが出ています。

頬骨の高い部分は肝斑で茶色く、その範囲は年々大きくなっています。肝斑の箇所は皺・乾燥が目立つようになりました。

口周り(唇と肌の間)は血行不良のせいか青紫色で、口角周辺は特に目立つので、コンシーラーで色を整えています。

顎はニキビや炎症を起こしやすいせいか茶色くくすみが強く、毛穴がボツボツしているせいで肌質も粗くツヤ感もありません。

とくにひどいのが目の周りの肌ムラで、目の下のクマの青茶色も濃く、範囲も大きくなってきています。目じりも色素沈着から黒くなってきて、乾燥すると皺が深くなるのでより黒さが際立ちます。上まつ毛の部分も色素沈着が進み、茶色にくすんでいます。

年々、色ムラの箇所も色の濃さも強くなってきているため、年齢を重ねるたびに心配の度合いが上がってきます。